« 上腕骨の珍しい骨折 最終診 | トップページ | 前頭洞炎 »

2011年12月17日 (土)

肺性肥大性骨関節症 その後

 高濃度ビタミンC点滴やインターフェロンのサイトカイン療法など集学的がん

治療をしているジョンちゃんが、ここにきて胸前のリンパ節が腫れるようになってき

た。 全身状態は元気食欲とも良好に維持できている。

111217_039 111217_034

 操作できる表面にマスができたことを逆手にとって、ここに温熱をかけながら

高濃度ビタミンCを点滴する。

111217_040

 がん抗原が出やすくなりエスケープすることなく樹状細胞が認識しやすくなる。

 同時にインターフェロンを局所へ注入することによって細胞障害性Tリンパ球の

きを助けていこう。

 2%と低かったリンパ球も10%付近まで上がってきた。

« 上腕骨の珍しい骨折 最終診 | トップページ | 前頭洞炎 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上腕骨の珍しい骨折 最終診 | トップページ | 前頭洞炎 »