« 骨膜炎 その後 | トップページ | 顆粒球減少症へのフォトセラピー »

2011年12月29日 (木)

歯肉腫瘍

 長らく歯肉に腫瘍ができたまま、様子を見ておられた飼い主さんだが、このまま

年を越すのが忍びないのだろうか、年末のこの時期に摘出の依頼があった。

111229tvh_010 111229tvh_011

初診から半年くらい経過したがリンパ節の腫脹なく局所もイヤな雰囲気はない。

111229tvh_012 111229tvh_014

やはり炭酸ガスレーザーと電気メスでサクサク手術できたが太い血管が1本あっ

てその処理に神経を使う。

あとは病理学的検査の結果を待とう。(骨形成性エプーリスと良性所見であった)

Imgp1052

晴れているときに限って用事が入り、曇天や雨天時に乗ることの多かったこの冬。

« 骨膜炎 その後 | トップページ | 顆粒球減少症へのフォトセラピー »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 骨膜炎 その後 | トップページ | 顆粒球減少症へのフォトセラピー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ