« 好酸球性皮膚炎のその後 | トップページ | 関節炎・汎骨炎 »

2011年10月 8日 (土)

慢性腎不全へのオゾン療法

 10才のネコのサクラちゃんが半年前の胆管肝炎治癒後に慢性腎不全となり

最近全身状態が悪化してきた。

 飼い主さんとも話し合ってオゾン療法(血液クレンジング療法)を試験してみるこ

ととなった。

111008_001

10mlを採血して、

111008_007

同量の40μg/mlのオゾンガスと混和すると鮮紅色に変色する。

111008_012

前腕の静脈より本人に戻す。

 

 Dr.Bocci によるとポーランドとイタリアでの腎不全患者群の臨床研究において

大きな成果が上がっているようである。

 ネコの慢性腎不全での効果が実証されることを願ってやまない。

Imgp0973

国頭村 奥集落の公園。

連休を利用しての家族連れが多く、過疎集落にも活気があった。

« 好酸球性皮膚炎のその後 | トップページ | 関節炎・汎骨炎 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 好酸球性皮膚炎のその後 | トップページ | 関節炎・汎骨炎 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ