« 好酸球性皮膚炎が続く | トップページ | アレルギー性皮膚炎へのオゾン療法 »

2011年10月20日 (木)

慢性腎不全のオゾン療法・その後

 オゾン療法を受けたサクラちゃんの調子がいいようだ。

実施前に3.0あったクレアチニンが1.9まで下がり、本療法後より嘔吐が無くなり

元気食欲が出てきた、と飼い主さんが喜んでくれて本日2回目の施術となった。

111020_004 111020_007

111020_008 111020_011

前回は10ml、今回は11ml採血して、同量のオゾンガス(40μg/ml)と反応させ

本人に戻す。

 小動物の臨床現場では皮下補液くらいしか治療法のない腎不全に対して、この

治療法が著効するなら願ってもないことだが。

 飼い主さんたちの協力のもとにこのあとの臨床試験に期待したいものである。

« 好酸球性皮膚炎が続く | トップページ | アレルギー性皮膚炎へのオゾン療法 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 好酸球性皮膚炎が続く | トップページ | アレルギー性皮膚炎へのオゾン療法 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ