« 慢性腎不全へのオゾン療法 | トップページ | 直腸腺腫 »

2011年10月13日 (木)

関節炎・汎骨炎

 1才のチョコちゃんが肘を痛めて、長らく不調でいる。

ここ数日は食欲も落ちてきたようだ。ネコエイズが陽性ということである。

111013_002

3日間連続で注射加療により元気・食欲が出てきたところで麻酔下で観察すると

肘関節が硬く腫脹して伸張方向で可動域制限が強い。

1110132_001

 レントゲンで確認すると、肘頭の骨質に変化が起き、関節腔も崩れている。

111013_009

穿刺するが、廃液はなく健康ネコから作成したノンゲルPRPを注入して、可動域

を広げるように屈伸を繰り返して終了とした。

PRPに含まれるサイトカインにより関節と骨の再生が促されることを期待しよう。

« 慢性腎不全へのオゾン療法 | トップページ | 直腸腺腫 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 慢性腎不全へのオゾン療法 | トップページ | 直腸腺腫 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ