« 直腸腺腫 | トップページ | 慢性腎不全のオゾン療法・その後 »

2011年10月17日 (月)

好酸球性皮膚炎が続く

 ここのところネコの好酸球性皮膚炎が続いている。

111017_001

数カ月来続くヨウスケちゃんの指端の潰瘍性皮膚炎も末梢血の好酸球が8%と

高い。

111017_044

マーシュちゃんも長らく皮膚炎がひどく、やはり好酸球が6%と高値である。

オゾン水で発赤と痒みが治まってきたが、本日オゾン療法(血液クレンジング)

を実施して好酸球の減少と皮膚症状の好転を期待する。

111017_027 111017_031

10ml採血して40μg/mlのオゾンガス同量に混和して反応させると直ちに鮮紅

色に変色する。

111017_039

これを静脈より再び本人に戻すことによって、酸素化・血流改善・抗酸化力向上・

免疫力の増強・細胞の活性化が図られて、自然治癒力を取り戻すことができる。

« 直腸腺腫 | トップページ | 慢性腎不全のオゾン療法・その後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 直腸腺腫 | トップページ | 慢性腎不全のオゾン療法・その後 »