« ネコの断尾手術 | トップページ | チェリーアイがなぜ? »

2011年9月10日 (土)

ネコの耳介血腫

 ヨッチちゃん11歳の耳に血腫ができたものが、一般的な治療で治らず、

再発を繰り返すため多血小板血漿療法(PRP)を実施してみた。

 以前犬の症例では1回で癒着が進んで、良好な治癒転帰をとったものだが。

110910_008 110910_010

PRPのための採血と同時に太めの留置針外筒を留置して貯留液を排出。

右上はPRPゲル。

110910_011 110910_019

ゲル化前のPRPを注入してマッサージして全体に行き渡らせてのちにゲルを

挿入・充填してなじませて終了。

Imgp0925

 例年多くの莢を付けるホウオウボク並木が今年は早い時期の台風の影響か、

軒並み元気のない風情。

1本だけ花も莢もたくさん付けている木が誇らしげにたたずむのを発見した。

« ネコの断尾手術 | トップページ | チェリーアイがなぜ? »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの断尾手術 | トップページ | チェリーアイがなぜ? »