« 下顎骨折 | トップページ | 膝蓋骨内方脱臼グレード4 »

2011年8月 1日 (月)

犬咬傷被害猫

 クロちゃん1歳が外出後に腰に大きなケガをして帰ってきた。

110730tvh_006

3か所の筋層に達する大きな損傷があって、綿棒で探索すると大きく皮下ポケット

ができている。

犬は相手を咬んだまま揺さぶる行為を本能的にするが、傷の特徴がそれに合う。

110730tvh_009 110730tvh_012

オゾン水で十分洗浄後に、PRPを作成して創腔に挿入する準備をする。

110730tvh_015 110730tvh_018

それにしても繋がれている犬にわざわざ近づいていくネコはいないので、犬を放

し飼いにしている飼い主がまだまだ多いということだろう。

 狂犬病予防法に基づいて放し飼いを禁じていることが条例に定められているの

けれど。

« 下顎骨折 | トップページ | 膝蓋骨内方脱臼グレード4 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下顎骨折 | トップページ | 膝蓋骨内方脱臼グレード4 »