« マイボーム腺腫と肛門周囲腫瘍 | トップページ | 直腸がんの維持療法 »

2011年7月14日 (木)

悪性黒色腫のその後

 

 アニーちゃんが手術後の後治療のため来院した。

110714tvh_026

 前回の温熱治療時に、針の刺入時の抵抗が本来の骨のものと大いにかけ離れ

た軟らさだった部分がすっかり退行してきた。

 インターフェロンωを局所注入しておく。

110714tvh_023

 看護師さんたちに囲まれ、励まされながら高濃度ビタミンC点滴を受けている。

インディバCRet System による局所温熱治療は嫌がって維持できず、次は別の

治療法との組み合わせを考えなければならない。

« マイボーム腺腫と肛門周囲腫瘍 | トップページ | 直腸がんの維持療法 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイボーム腺腫と肛門周囲腫瘍 | トップページ | 直腸がんの維持療法 »