« 悪性黒色腫のその後 | トップページ | 顆粒球減少症へのオゾン療法 »

2011年7月15日 (金)

直腸がんの維持療法

 シューシューちゃんの調子がいいようだ。

飼い主さんのお話ではインディバCRet System による温熱療法と高濃度ビタミン

C点滴併用療法をするようになって、便の回数と血便の回数が激減し、ソファーに

上ったりの動作が元通りになったりと、全体のQOLがぐんと上がっているそうだ。

110715tvh_002 110715tvh_004 

 以前指先に触れた腫瘍塊が触れないほど小さくなり、狭窄もなくなっている。

 今回はオゾン水を注腸したのちに温熱療法と高濃度ビタミンC点滴同時施術を

してみた。

« 悪性黒色腫のその後 | トップページ | 顆粒球減少症へのオゾン療法 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪性黒色腫のその後 | トップページ | 顆粒球減少症へのオゾン療法 »