« 悪性黒色腫 | トップページ | マイボーム腺腫と肛門周囲腫瘍 »

2011年7月10日 (日)

オゾン療法

 

 ついにドイツからオゾン療法の器械が到着した。

ファインエイジングという会社で輸入代行をしてくれる。誠実な仕事に感謝したい。

110710tvh_003

 過大梱包から出てきたのは割と小さい器械で、30×45のカートにうまく収まってく

れた。500L酸素ボンベをくっつけて 「オゾン療法カート」と名付けることにしよう。

これならうちのような狭い動物病院でも小回りが利いて使いやすい。

Img

(V.Bocci 著  伊藤壱裕訳 2008.11.17 シュプリンガ―・ジャパン 発行)

 

 オゾンは生体に適度な酸化ストレスを与えることによって抗酸化力を引き出す。

 抗酸化力、酸素化、血流改善、免疫力、細胞活性のいずれも増強する効果があ

ってヒトの医療で最近注目されている治療方法である。

ドイツを始めとする欧州では古い歴史を持つ治療方法のようである。

 今後、日本酸化療法研究会で勉強させていただきながら、 動物医療現場で、

がんや免疫介在性疾患、あるいは急・慢性炎症性・変性性疾患などに臨床応用し

ていきたい。 

 予防動物医療にもおおいに貢献できることだろうと期待している。

Imgp0832

 普天間基地移設で揺れる大浦湾。

このまま静かな海でいてほしいと誰もが望むところだろう。

« 悪性黒色腫 | トップページ | マイボーム腺腫と肛門周囲腫瘍 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪性黒色腫 | トップページ | マイボーム腺腫と肛門周囲腫瘍 »