« フレンチブルの角膜潰瘍 | トップページ | 会陰ヘルニアの手術 »

2011年6月20日 (月)

直腸がんの症例の後治療

 シューシューちゃんがここのところ調子がいい。飼い主さんの感触では、温熱と

ビタミンC併用療法をすると格段に元気が良くなり、便の状態もよいという。

110618tvh_006

 高濃度ビタミンC点滴療法とインディバ CRet System による温熱療法を同時に

実施する。 (手押しは皮下補)

電導させるためゴム手ができないために夕食時になっても指に臭いが残り、自宅

いるネコが興味深そうにクンクン臭いを嗅いでくる。

Imgp0789_2

 25年前からバイクで遊んでいる宜野座海岸。

ライトウェイトオフローダーなら海まで下りて遊べる場所だけど。

« フレンチブルの角膜潰瘍 | トップページ | 会陰ヘルニアの手術 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フレンチブルの角膜潰瘍 | トップページ | 会陰ヘルニアの手術 »