« 子ネコの腹壁ヘルニア その後 | トップページ | 短頭種症候群の呼吸困難 »

2011年6月15日 (水)

口内炎が痛くて食べれないネコ

 12才のマアルちゃんが口が痛くて採食困難でやってきた。

数年前に準全顎抜歯をしてその後内服で痛みをしのいできた白血病陽性のネコ。

110614tvh_010 110614tvh_013

  慢性的な充出血があり、扁桃が萎縮している。

110614tvh_022_2

 レーザー照射でここまでラクそうになったが、このあとのQOLを高める管理に

努めたいものだ。

« 子ネコの腹壁ヘルニア その後 | トップページ | 短頭種症候群の呼吸困難 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子ネコの腹壁ヘルニア その後 | トップページ | 短頭種症候群の呼吸困難 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ