« 結膜剥離創 | トップページ | ネコのソケイ部陰睾の去勢 »

2011年6月 5日 (日)

ハブ咬傷の後治療

 ハブに咬まれて前肢の皮膚に壊死をきたし創が開放のまま治らないということで

転院してきたネコのミーナちゃん。

110604tvh_005

 肉芽もできず、上皮化もできない。

110604tvh_010

 創床をデブライドして辺縁整理後に、肘の曲げ伸ばしに支障がないようなこころ

もちで皮下織を縫合。

 濃縮血小板ゲルを準備して

110604tvh_012 110604tvh_013

 皮下に挿入、縫合終了。

« 結膜剥離創 | トップページ | ネコのソケイ部陰睾の去勢 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結膜剥離創 | トップページ | ネコのソケイ部陰睾の去勢 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ