« 短頭種症候群の呼吸困難 | トップページ | 直腸がんの症例の後治療 »

2011年6月17日 (金)

フレンチブルの角膜潰瘍

 ブル子ちゃん10才が1週間来の眼の不調を訴えて来院。

数回の内科療法に反応せず本日外科処置となった。

110616tvh_003 110616tvh_008

大きく深い潰瘍とぶどう膜炎が併発して前房下方にフィブリン塊が沈殿している。

110616tvh_011 110616tvh_012

本人の血液からPRPゲルを作成して、

110616tvh_015 110616tvh_019

瞬膜下に挿入、全縫合糸を閉じて終了した。

Imgp0767

梅雨明け後真夏日の続く中を汗だくでフェンス沿いを走る、走る。

« 短頭種症候群の呼吸困難 | トップページ | 直腸がんの症例の後治療 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 短頭種症候群の呼吸困難 | トップページ | 直腸がんの症例の後治療 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ