« 胸部腫瘍犬へのビタミンC療法 | トップページ | 直腸がんの継続治療 »

2011年5月15日 (日)

前腕難治性潰瘍の経過

 

 ウメボシちゃんの潰瘍が良くなってきた。

110502tvh_001 110502tvh_009

 ほぼ1年間の潰瘍に対して、乱切とPRPの皮下注射、PRPゲルの貼付・フイル

ムドレッシングの組み合わせを適用してみると、

11051002tvh_004 110514tvh_004

 良好な肉芽の形成と周囲からの上皮化が進行してきた。

ここまでくればもう一息だ。

« 胸部腫瘍犬へのビタミンC療法 | トップページ | 直腸がんの継続治療 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胸部腫瘍犬へのビタミンC療法 | トップページ | 直腸がんの継続治療 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ