« FUSが続く | トップページ | 直腸がん症例への温熱治療 »

2011年4月14日 (木)

ネコの角膜潰瘍 その後

 重度の角膜潰瘍で角膜放射状切開と濃縮血小板血漿ゲル療法を4月4日に

併用したクックちゃんが診察にきた。

110404tvh_002 110414tvh_014

手術前に中央部に角膜欠損してフィブリン塊で塞がれていた部分において、

角膜実質が再生して透明性が出てきた。

« FUSが続く | トップページ | 直腸がん症例への温熱治療 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FUSが続く | トップページ | 直腸がん症例への温熱治療 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ