« ネコの角膜潰瘍 その後 | トップページ | 粉瘤 »

2011年4月15日 (金)

直腸がん症例への温熱治療

  

 2月8日に集学的治療を実施した直腸がんのシューシューちゃんが後治療として

本日、インディバ CRet System による温熱治療の施術をすることになった。

 定期的な温熱治療により、下痢・血便などの症状が緩和され、QOLの高い生活

を送っている。

110414tvh_011 110414tvh_008

Resistive モードの棒状エレクトロードを術者自らの手に握り、術者の手指を

直腸内に挿入、粘膜面に接触させることによりハイパーサーミア療法を導く。

自分の人差し指表面が加温していくのが実感できる、これこそ究極の「手当て」

といえる。 もちろんゴム手をすると高周波電流が遮断されるため素手に限る。

 20Wでは温度上昇が強すぎて10Wに設定しなおして良好なハイパーサーミア

を維持することができた。

« ネコの角膜潰瘍 その後 | トップページ | 粉瘤 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの角膜潰瘍 その後 | トップページ | 粉瘤 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ