« 足根関節の障害 | トップページ | ネコの角膜潰瘍 その後 »

2011年4月11日 (月)

FUSが続く

 尿づまりで来院するネコが多い。

通いネコのシーちゃんがおなかに大きなコブができて元気がないという。

110408tvh_019 110408tvh_020

コブと思われたのは硬く緊張した膀胱であった。

110408tvh_026110408tvh_025_2

 ペニス下に見える尿石と繊維素からなる白い物体が尿道を詰まらせていた。

 膀胱に溜まった尿を回収すると著しい出血性で、この後洗浄後にカテーテルを

留置してしばらく尿道を休ませることを3日間程度することになる。

 

 同時に検査するとエイズ陽性と出るので、今後の全身的な体調管理に気をつけ

る必要がある。

Imgp0696

 恩納村の山中に咲くウッドローズの実が思ったより少なく、昨年の台風で花が

落ちたせいなのかもしれない。

« 足根関節の障害 | トップページ | ネコの角膜潰瘍 その後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 足根関節の障害 | トップページ | ネコの角膜潰瘍 その後 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ