« 子宮蓄膿症 14歳の場合  | トップページ | ソケイ部陰こうの去勢 »

2011年3月19日 (土)

乳腺腫瘍 中型犬

 比較的体格の大きい犬の乳腺腫瘍の片側全摘出手術をする。

Imgp3399

 第Ⅴ乳腺と第Ⅲ乳腺に腫瘍が触れる。

Imgp3406

 切開線が大きいため縫合に時間がかかり重労働となる。

Imgp3413 Imgp3420

 膣腔からもなにやらポリープ様のものが出てくる。

尿道に注意して、炭酸ガスレーザーを使用して基部から切除した。

 フィラリア陽性の身体に外科侵襲を与えることは決して好ましくはないのだけれ

ど、これで飼い主さんはホッとすることだろう。

« 子宮蓄膿症 14歳の場合  | トップページ | ソケイ部陰こうの去勢 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子宮蓄膿症 14歳の場合  | トップページ | ソケイ部陰こうの去勢 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ