« 猫の乳腺腫瘍疑い | トップページ | 炎症性腸疾患のネコに温熱療法 »

2011年3月 3日 (木)

皮膚組織球腫疑いの治療 その後

 

 皮膚組織球腫疑いのスクリューちゃんが検診のため来院した。

Imgp3146 Imgp3150

Imgp3153 Imgp3160

 2週間前にレーザーによる減容積手術とインターフェロン注入の低侵襲手術を

実施した。

Imgp3271

 このあと、さらに周囲から上皮化が進んでくることだろう。

« 猫の乳腺腫瘍疑い | トップページ | 炎症性腸疾患のネコに温熱療法 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫の乳腺腫瘍疑い | トップページ | 炎症性腸疾患のネコに温熱療法 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ