« 炎症性腸疾患のネコに温熱療法 | トップページ | ネコの肛門のう炎 »

2011年3月 7日 (月)

温熱・免疫療法を受けたネコの乳腺腫瘍

 この数カ月来、数回温熱療法とインターフェロンの腫瘍内注射を受けていた

乳腺腫瘍のクララちゃんが来院した。

Imgp2047

 昨年10月下旬の治療前の写真では予後を心配する所見であった。

Imgp2265 Imgp2720

    (22.11.12)                  (22.12.18)

Imgp2722

 温熱刺激によりがん細胞からの抗原提示を受けやすくなっている病巣に

インターフェロンを注入して細胞性免疫の活性化を図ることを繰り返した。

Imgp3314

 ゴロゴロと指に触れていた腫瘍塊がほとんどなくなった。

腎臓が悪い高齢のネコにとって、手術療法以外の選択肢として、飼い主さん

満足度も得られる新しい治療法となるかもしれない。

« 炎症性腸疾患のネコに温熱療法 | トップページ | ネコの肛門のう炎 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 炎症性腸疾患のネコに温熱療法 | トップページ | ネコの肛門のう炎 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ