« 温熱・免疫療法を受けたネコの乳腺腫瘍 | トップページ | ネコの乳腺腫瘍疑い その後 »

2011年3月10日 (木)

ネコの肛門のう炎

 5歳のネコのルナちゃんが、数日来お尻を気にして食欲が落ちているとのことで

来院した。

Imgp3329

 用手で搾っても分泌物はでなかったが、導管開口部から水流フラッシュすると

大量の凝固性の分泌物が出てきた。左右とも同様で、この処置によりすっかり

違和感がなくなりラクになることだろう。

 放置すると出口が詰まって、下の皮膚から自潰することをしばしば経験する。

Imgp3335

 キャピラりーチップとかニシカスピンという名称で販売されている本来歯根用の

洗浄管で、FUSなどでも重宝している。

« 温熱・免疫療法を受けたネコの乳腺腫瘍 | トップページ | ネコの乳腺腫瘍疑い その後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 温熱・免疫療法を受けたネコの乳腺腫瘍 | トップページ | ネコの乳腺腫瘍疑い その後 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ