« ノラねこちゃんの脚が | トップページ | 皮膚組織球腫疑いの治療 »

2011年2月16日 (水)

犬のリンパ腫 その後

 

 1月20日に紹介したタンクちゃんの全身状態が落ちてきたので、集学的治療を

実施してみることになった。

Imgp3140

 1.高濃度ビタミンC点滴療法

 2.Tecal  による腫脹している脾臓と内臓リンパ節への深部加温

 3.今現在もっとも腫脹している代表的な体表リンパ節に対するネオCキュー

   によ局所温熱療法

 4.そして各体表リンパ節へのインターフェロン注入

Imgp3116 Imgp3128

      インディバ CRet System              ネオCキューブ 

Imgp3142

 直腸温で40℃を維持すること約20分。

                        -

 温熱療法と免疫療法とビタミンCによる抗がん療法の組み合わせということにな

る。

                                                        -

 翌日午後からは術前と比して元気食欲が著増するなど劇的に全身状態の

がみられることになった。

 

« ノラねこちゃんの脚が | トップページ | 皮膚組織球腫疑いの治療 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノラねこちゃんの脚が | トップページ | 皮膚組織球腫疑いの治療 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ