« がんの深部加温療法と高濃度ビタミンC点滴療法 | トップページ | 巨大角膜潰瘍のその後の経過 »

2011年2月 9日 (水)

舌根部糸状異物のネコ

 5か月のネコちゃんの異物誤飲があった。

縫い糸を口でくちゃくちゃと遊んでいるうちにせっせと呑み込んでしまったようだ。

Imgp3027

 朱色の糸が舌根に横断して見える。

すこし引っ張ると抵抗を感じるので無理してはいけない。

Img

 食道から噴門部へ糸が一直線に見える。

Img_0001_4

 予想どおり幽門部から十二指腸へと糸は続く。

まだ呑み込んでから日が浅いので、胃内に押し込み、糸が自然に流れて排泄され

のを待つのが得策だろう。

 糸がお尻から覗いても無理やり引っ張っては腸が損傷するので、やはり気長に

待とう。

« がんの深部加温療法と高濃度ビタミンC点滴療法 | トップページ | 巨大角膜潰瘍のその後の経過 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« がんの深部加温療法と高濃度ビタミンC点滴療法 | トップページ | 巨大角膜潰瘍のその後の経過 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ