« ボディーピアスを飲み込だネコ | トップページ | 胸部食道内異物 »

2011年1月 8日 (土)

体表腫瘤・歯・などの処置

 

 ラブラドールのサクラちゃん11歳が皮膚に腫瘍ができ本日除去手術となった。

                       -

9才時にフィラリア強陽性で腹水症があったものをイミトサイドによる駆除まで

こぎつけ、その1年後には子宮蓄膿症の手術を受けて再び復帰し、さらに1年後に

今回の手術を受けることになった。

Imgp2787 Imgp2789

 右大腿外側にできた上皮系由来と思われる腫瘍。

Imgp2792

尾根腹側には数年来の脂肪腫が変性したような腫瘍があったものを摘出しPRP

ゲルを挿入して治癒促進を図る。

Imgp2799 Imgp2803

 手術日当日になって左眼下が腫れているので、歯根が原因の疑いありとお話し

て、精査するとP4の前外側歯根からの根尖膿瘍で、他の歯根もすべて容易に脱

してくる。

 

 すっきりしてこのあとの生活が快適に送れることだろう。

« ボディーピアスを飲み込だネコ | トップページ | 胸部食道内異物 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボディーピアスを飲み込だネコ | トップページ | 胸部食道内異物 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ