« 悪性間葉系腫瘍 | トップページ | 直腸がんの温熱療法 »

2011年1月14日 (金)

コーギーの前腕骨折

 

 ひとりで外出後にビッコをひいて帰宅したコーギー3歳、の骨折手術をする。

Imgp2039 Imgp2040

 交通事故なのか高所落下なのか、他の外傷は見当たらない。

Imgp2045_2 Imgp2048_2

Imgp2051_2 Imgp2052_2

 髄腔がある程度の広さがあるためピンを挿入してPRPゲルをおいて閉創した。

Imgp2060_2 Imgp2061

 この細いピン1本では過重に耐えられず、キャスティング併用となる。

小切開手術可能であることが利点であるが、関節腔傷害を最低限に抑える術後

処置が大切である。

 

 それにしても犬を放し飼いにする悪習はこの沖縄でいつまで続くのやら。

« 悪性間葉系腫瘍 | トップページ | 直腸がんの温熱療法 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪性間葉系腫瘍 | トップページ | 直腸がんの温熱療法 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ