« 胸部食道内異物 | トップページ | コーギーの前腕骨折 »

2011年1月13日 (木)

悪性間葉系腫瘍

 

 左前肢が着地できなくなるくらいに腋の腫瘍が急速に大きくなった10歳のマリナ

ちゃんに外科手術を実施した。

Imgp2768

 胸筋内に巨大腫瘤が存在する。

Imgp2773

 腕神経叢と動静脈を巻き込んで分離不可能であった。

 予め飼い主さんに前肢を同時切除しなければならない場合もありうる、と話して

いたとおりの最悪のシナリオとなった。

Imgp2775

 大きな手術になってしまった。

Imgp2781

 自分の腕をもがれたような喪失感を覚えて、手術終了となった。

 翌日からすっかり痛みもなく、3本足で散歩に行けるこの子を見て、生きる力を犬

から教わることになる。

                           -

  病理診断は、悪性度の高い間葉系腫瘍との結果であった。

 レントゲン上では目視できる転移巣はないが今後の注意深い観察が必要である

« 胸部食道内異物 | トップページ | コーギーの前腕骨折 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胸部食道内異物 | トップページ | コーギーの前腕骨折 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ