« ネコの爪切除術 | トップページ | 肛門周囲の腫瘍 »

2011年1月23日 (日)

胃内異物

  イングリッシュコッカースパニエルがウインナーソーセージの大きな串を呑み込

もうとしたのを飼い主さんがあわてて奪おうとしたが、犬が早かったようである。

 2日経って元気・食欲がなくなって来院した。

Imgp2104_2 Imgp2108

 胃内から串が摘出されたが、大湾に沿って炎症徴候があった。

Imgp2112 Imgp2113

 縫合部位にPRPゲルをおいて、大網で被覆する。

Imgp2109

 ヒトより優れた嗅覚ゆえの事故とも言えるのかもしれない。

« ネコの爪切除術 | トップページ | 肛門周囲の腫瘍 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの爪切除術 | トップページ | 肛門周囲の腫瘍 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ