« ネコの足根関節炎 | トップページ | ネコの肛門腺炎 »

2010年12月 9日 (木)

頭部多発性外傷のおよそ2か月後

 

 コテツちゃんが下顎のワイヤーリング締結の除去、その他の処置にやってきた。

101009_021 101009_002

 受傷当時、上顎、下顎、眼球、と頭部の右側に重度の損傷が複数あった。

Imgp2632 Imgp2627

Imgp2637 Imgp2636

 上顎の裂孔は塞がり、下顎の締結ワイヤーを除去してもぐらつきがなくなった。

 右眼球もPRPゲルを封入して眼瞼縫合したあと、治癒機転が進んで外見上

つらくないまでに回復できた。

 同じような事故に遭うことを繰り返さないように、と祈るばかりである。

« ネコの足根関節炎 | トップページ | ネコの肛門腺炎 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの足根関節炎 | トップページ | ネコの肛門腺炎 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ