« 温熱療法のその後 | トップページ | 今年最後の子宮蓄膿症 »

2010年12月21日 (火)

温熱療法3日後

 

 温熱抵抗性?であったチワワのコタロウくんの腫瘍に変化が出てきた。

Imgp2708 Imgp2711

 65℃で変化がなく、時間を5分間延長しても変化のなかった腫瘍が5℃上げて

70度、15分間にすると、

Imgp2726

 腫瘍は脱落したが、火傷のように周囲まで熱損傷が波及してしまった。

このあたりのまさに「火加減」が難しいところである。

« 温熱療法のその後 | トップページ | 今年最後の子宮蓄膿症 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 温熱療法のその後 | トップページ | 今年最後の子宮蓄膿症 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ