« 頭部多発性外傷のおよそ2か月後 | トップページ | 巨大膀胱結石 »

2010年12月10日 (金)

ネコの肛門腺炎

 

 12才のハニーちゃんがお尻を気にして舐めているうちに滲出物が出てきた、と

飼い主さんがあわてて来院された。

Imgp2656 Imgp2650

 肛門腺が腫れて自潰したようだ。

肛門腺開口部に洗浄用嘴管を入れて洗うと豆腐のカスのような炎症産物が大量

出てきた。内腔は広い空所になってしまっている。

Imgp2665 Imgp2672

濃縮血小板を作成してゲルに加工したのちに挿入して、ざっくりと糸を掛ける方が

治りがいいようだ。

« 頭部多発性外傷のおよそ2か月後 | トップページ | 巨大膀胱結石 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭部多発性外傷のおよそ2か月後 | トップページ | 巨大膀胱結石 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ