« 変形性関節症 | トップページ | 頭部多発性外傷のおよそ2か月後 »

2010年12月 4日 (土)

ネコの足根関節炎

 

 2-3週間外出して昨夜帰宅してみると、後ろ足が痛そうに挙げている、と心配

顔の飼い主さんとメス猫のマルちゃん4歳。

Imgp2573 Imgp2575

 伸張・屈曲の両方向で可動域制限が強い。すこし軋轢感があるも、レントゲン上

でも骨・関節の大きな異常は認められない。

 大腿・下腿とも筋肉の削痩が顕著なので、外出してすぐに咬傷事故にでもあった

のだろうか。 足根内側方に一部自潰創がある。

Imgp2579 Imgp2583

 濃縮血小板を足根外側より関節腔内に注入すると、内側の自潰創より膿が流出

し一部濃縮血小板も出てくる。

Imgp2584

 キャスティングすることにより早期より負重できるようにすることが大切と考え

る。

« 変形性関節症 | トップページ | 頭部多発性外傷のおよそ2か月後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 変形性関節症 | トップページ | 頭部多発性外傷のおよそ2か月後 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ