« 肛門周囲腺腫の複合療法 | トップページ | 瞬膜腺脱出 »

2010年11月13日 (土)

悪性黒色腫その後

 8月27日に2度目の外科手術をしたプースケくんが再び腫瘍増悪して来院し

た。片側下顎切除まではしたくないとの飼い主さんのお気持ちもよくわかるが

やはりここまで病状悪化するものか、というつらい気持ちでみることになる。

Imgp1456

 8月にはまだこの程度で、局所腫瘤の摘出手術を再度請け負うことになるが、

その後増殖スピードはこれまでの比でないくらいに早くなった。

Imgp2224 Imgp2228

腫瘍が大きすぎて1回10分間の温熱加温を針の刺入箇所を変えてのべ5回、

計50分間の加温をすることになる。

Imgp2242

所属リンパ節も高度に腫脹していて、ここにも同治療を試みる。

Img_0001 Img

 歯肉がんも含む口腔がんに伴う頚部リンパ節に温熱療法を加えたところ劇的な

改善が見られた、とのヒトでの報告があり、期待したいところである。

 

« 肛門周囲腺腫の複合療法 | トップページ | 瞬膜腺脱出 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肛門周囲腺腫の複合療法 | トップページ | 瞬膜腺脱出 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ