« 関節炎 | トップページ | 頭部外傷その後 »

2010年11月 5日 (金)

温熱療法

 がんが再発した10才のチワワのコタロウくん。

 およそ半年前に肛門の周囲の腫瘍を外科手術で完全摘出したつもりが、再発

して数週間になる。

100321_002 101018tvh_005_3

 肛門直上と尾根部に腫瘤が再発している。

Imgp2134_3

 がんの温熱療法(ハイパーサーミア)のうちの高温度領域を利用して

表在腫瘍塊に熱凝固変性を起こして治療する器械が開発された。

Imgp2141_2 Imgp2147_2

 腫瘍細胞は熱に弱いことが古くヒポクラテスの時代から知られていたらしく、

「火を以ってしても治らない腫瘍は治せない」 との言葉が残っているらしい。

 

温熱により、熱ショック蛋白と呼ばれる自己回復たんぱくが放出され、これが細

胞性免疫を活性化することにより、局所再発や転移を防ぐ抗腫瘍効果が期待され

いる。

 従来からの、外科・抗がん剤・放射線の3大療法に、免疫療法と温熱療法が加

わることによってそれぞれの利点の相乗作用を期待することができるだろう。

« 関節炎 | トップページ | 頭部外傷その後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関節炎 | トップページ | 頭部外傷その後 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ