« 角膜潰瘍 その後 | トップページ | 大静脈症候群 »

2010年10月23日 (土)

睫毛重生

 昨晩チキンの骨を食べて、その後から呼吸が早くなっておちつかない、との主訴

でチワワ・ミニチュワダックスのミックス犬が初診で来院した。

 聞き取りすると、食事も取れて、もどしもないようなので、重篤な状況ではない。

 それより目の周りが真っ赤で常に泣いているようなかわいそうなオメメである。

聞くと、数カ月間投薬治療のみで治癒しない、とのことであった。

101023tvh_019

 右眼 マイボーム腺開口部から多数の重生睫毛が生えている。

101023tvh_021

 左眼も同様だが右眼ほど数は多くない。それでもこれだけ逆さ睫毛があると

常に角膜を逆なでして反射的に涙の分泌量は多くなってオーバーフローした自分

の涙で眼瞼周囲炎を起こしてしまう。

すべて抜毛してマイボーム腺を搾って終了する。

 念のためにレントゲン撮影までするもチキンの骨様の異物は確認できず、肺野

の白濁が確認されるのみであった。

« 角膜潰瘍 その後 | トップページ | 大静脈症候群 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 角膜潰瘍 その後 | トップページ | 大静脈症候群 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ