« 半脊椎症 | トップページ | 精巣腫瘍 »

2010年9月 6日 (月)

皮脂腺腫

 11歳のキキちゃんが全身検査とスケーリングのために来院した。

昨年と同様、軽度の僧帽弁閉鎖不全があるが進行はほとんどなく、腹腔内も超音

波検査ではとくに問題なく、血液検査等もおおむね良好な健康状態と判定された

 お預かりする前に、頭部に小腫瘤があるので気になる、ということであった。

Imgp1490

 炭酸ガスレーザーで小切開するとチーズ状の分泌物が出てくる。

皮脂腺が過形成したり、導管が詰まったりして生じる皮脂腺腫であった。

搾りきって、内腔をレーザーにて蒸散する。

Imgp1493

 熱心な飼い主さんが毎日ブラッシングされているということであるが、どうしても

歯石が沈着する個所が生じてくるものだ。しかし動揺歯がないので免疫力の強さ

を感じる。

 

 スケーリングを実施して今年の検診と体の手入れが終了、すっきりして帰宅す

キキちゃんであった。

« 半脊椎症 | トップページ | 精巣腫瘍 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半脊椎症 | トップページ | 精巣腫瘍 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ