« 尾の腫瘍 その後 | トップページ | トイプーの前腕骨折 »

2010年8月 7日 (土)

難産のノラネコちゃん

 いつもエサを与えている野良猫ちゃんがお産途中に子どもがひっかかって出な

いのだけれどさてどうしよう、と 年配の男性二人が大切そうに箱にネコを入れて

病院に連れてこられた。

Imgp1296

 胎児の片足が出たまま腫れてグローブのようになって、動かない。

Imgp1304

 横背位といってエビのように体が曲がり、前脚1本だけが外に出ている。

 狭い産道から腫れた胎児を整復して出そうとしていると母体がどんどん弱って来

 るので、開腹しての処置を選択していただいた。

Imgp1301

 右上の創口から変性した胎児を曳出し、その後全摘出した。

 来院時にすでに母親は衰弱していたので、点滴して午後の状態を見て帰宅時間

を判断することになるが、今回の場合ほとんどボランティア診療となったので早め

に元の生活に戻っていただけると助かるのだけれど

« 尾の腫瘍 その後 | トップページ | トイプーの前腕骨折 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾の腫瘍 その後 | トップページ | トイプーの前腕骨折 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ