« 子猫の受難が続く | トップページ | 肛門周囲の腺腫 その後 »

2010年8月25日 (水)

子猫ちゃんたちの その後

 昨夜はお盆のウ―クイ(お送り)であった。仕事で遅くなり、嫁の実家までひっそり

た街を次男と二人で歩いて行ってみると、すでに儀式が終了したあとだった。

りあえず出されたごちそうはちゃっかり残さずいただいたが、まったく娘婿失格で

ある。

Imgp1445

 定休日の朝、病院に来てみるとアゴがくだけていた子ネコが元気になっていた。

看護士さんが特性のおかゆをあげてみるとしっかり器用に食べてくれる。

Imgp1446

 さきに入院していた子ネコちゃんも負けずにしっかり食べてくれるので朝から

ほっこりした気分になれる。

 アゴを治して、下半身の不全麻痺を治して、と計画をたてながら、この子たちの

落ち着き先まで案じる余裕が出てきたところである。

 

« 子猫の受難が続く | トップページ | 肛門周囲の腺腫 その後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

まるで子猫のおじいちゃんのようですね。鶴の恩返しはあっても、猫の恩返しはないでしょうが、おじいちゃん先生ファイティング!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子猫の受難が続く | トップページ | 肛門周囲の腺腫 その後 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ