« 脂肪幹細胞の多能性 | トップページ | 子宮水腫の犬 »

2010年7月22日 (木)

前十字靭帯断裂へのPRPの応用

 何を思ったのか2階の屋上から地上へジャンプして、その後右後ろ脚が痛くて

けない中型犬が検査・処置のため来院した。

 

 数日前の診察台上での触診では脛骨の前方移動が明瞭であることがわかっ

が、それ以上は疼痛のために触われない状況であった。

Imgp1122_2

ゴリっという感触とともに下腿骨が前方向へ大きく移動して半月板をこする感触

ある。

Imgp1126

10ml採血し、1800回転、8分間の遠心後、上澄みが5ml取れた。

Imgp1133

0.16倍の塩化カルシウムを混合して、膝関節腔内に注入する。

Imgp1142

若い犬で安静を保てないため、キャスティングで外固定しておいた。正常位置を

保ち、脛骨が前方移動しないこころもちでモールディングをかける。

ここ最近関節の外固定法などの外科手術をせずに、これまでの数例はすべて

この方法で治癒に至っているので、そのうちまとめて報告しなければ、である。

Imgp0109

暑い沖縄でヘルメットをかぶり長袖ジャケットを着けてバイクに乗るより、

リゾートのプールで涼んでいるのが正しい休日の過ごし方なのだろうけれど、

と水面を横目に見ながら走り去るのであった。

 

« 脂肪幹細胞の多能性 | トップページ | 子宮水腫の犬 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脂肪幹細胞の多能性 | トップページ | 子宮水腫の犬 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ