« ネコの副鼻腔炎 | トップページ | 手根関節亜脱臼の治療 »

2010年7月 2日 (金)

8年モノのチェリーアイ

昨日、8年間放置されていたチェリーアイ(瞬膜腺脱出)を処置する機会があった。

Imgp0897

目の上のたんこぶのようによく8年間も辛抱させてきたものだ、と気の毒に思う。

Imgp0903

当施設オリジナルのレーザー手術ですっきり。

Imgp0909

左眼はドライアイから角結膜炎を併発して長いようだ。

Imgp0911

腫脹した組織を蒸散させるのに時間がかかったが元に納めればきれいになって

いくもである。

お迎えに来た飼い主さんいわくは、こんなに簡単ならもっと早くさせとくんだった!

と。

Photo

瞬膜腺は中心の軟骨を取り囲むように豊富に存在する。蒸散・減容積させるの

は、右下の腫脹したリンパ装置と下部組織と瞬膜腺の一部ということになる。

その後の涙液量の追跡調査でもまったく問題ないことを確認済みである。

長年の経過で変形した軟骨はスルメをあぶるようにレーザー特有の熱凝固作用

によって逆側に反らせて矯正をかけている。

« ネコの副鼻腔炎 | トップページ | 手根関節亜脱臼の治療 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの副鼻腔炎 | トップページ | 手根関節亜脱臼の治療 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ