« 歯周病にPRP療法 | トップページ | 破裂していた蓄膿子宮 »

2010年7月 6日 (火)

パグ犬チョッパーの憂鬱

 数カ月来の排尿困難と時折り後肢のふらつきがあるパグ犬が検査処置でお預

かりとなった。

Imgp0930

膀胱膨満(黄色→)し、前立腺は腫脹(青色→)、第6から第7腰椎に脊椎炎(症)

(赤色→)と、やはり未去勢の高齢オスのなりやすい病気により不快症状が出て

いたことになる。エコー検査でも4センチ近い前立腺の像が得られた。

検査終了後に去勢手術を実施して麻酔終了となった。

処置から数日後の昨日の再診時には、症状がラクになったと飼い主さんと元気な

姿を見せてくれた。

 

« 歯周病にPRP療法 | トップページ | 破裂していた蓄膿子宮 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯周病にPRP療法 | トップページ | 破裂していた蓄膿子宮 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ