« 活性化自己リンパ球療法の実際 | トップページ | 椎間板ヘルニア その後 »

2010年7月31日 (土)

多発性外傷の犬 その後

 6月28日に紹介した症例が手術後約1か月後となってギプス除去にやってきた

Imgp1212

痛くて気にする個所もなく、この1カ月髄内ピンの補助に役立ってくれたギプス。

Imgp0871 Imgp0881

Imgp1219

除去直後から、膝、足首ともに関節の動きがよい。軸転もまったくなく癒合良好だ

Imgp1220

 アラインメントが整い、脛骨内側に化骨増生して膨らんでいるのがわかる。

 PRPゲルが奏功したようだ。

 

 四肢ともに外傷を受け、第2腰椎が圧迫骨折して不全麻痺があるが、この足が

自由になれば再び歩ける日が来るのでは、と大きな期待を込めてリハビリの重要

性を保護主さんに説明する。

Imgp0151

 手前に屋我地島、ハンバーグの古宇利島と遠くに伊是名・伊平屋島の島影が

たなびく坂道わずバイクを停めた。

« 活性化自己リンパ球療法の実際 | トップページ | 椎間板ヘルニア その後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 活性化自己リンパ球療法の実際 | トップページ | 椎間板ヘルニア その後 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ