« 多発性外傷の保護犬 | トップページ | 8年モノのチェリーアイ »

2010年7月 1日 (木)

ネコの副鼻腔炎

 今年20歳のネコちゃんで、以前より鼻の蓄膿症で時折り吸引処置をしている。

この処置後はとてもラクそうに生活ができるそうで、今日は同時に便秘がちなお腹

浣腸とスケーリング処置まですることになった。

Imgp0918

硬くなった鼻汁を吸引。生理食塩水でふやかして吸引、を繰り返す。

このとき後鼻腔を湿った綿花で押さえておくと陰圧がかかって吸引しやすくなる。

Imgp0922

くしゃみをしても鼻をすすってもこのような硬い鼻汁は自身ではなかなか排泄でき

ないものだ。

 この後スケーリングと浣腸をして、鼻と口、そしてお腹もすっきりして、帰宅するア

ウラちゃんであった。

« 多発性外傷の保護犬 | トップページ | 8年モノのチェリーアイ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多発性外傷の保護犬 | トップページ | 8年モノのチェリーアイ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ