« 眼の下が腫れて | トップページ | ネコのジアルジア症 »

2010年6月13日 (日)

心臓がたいへんなことに

 外で飼育している犬が、おなかが膨れて苦しそうにしている、との主訴で来院。

予防をしていないのでフィラリアに感染してのことだろうと思い検査してみると。

Imgp0803

お腹だけでなく、足までむくんでいる。

100613_002

腹水がパンパンに貯留している。

100613_001

左側心尖部長軸断面で右房に虫体が見えるが、左心房拡大と僧帽弁の肥厚が

著明であった。両心不全の最重度の状態であり、不整脈もひどい。

注射により食欲は回復したが、この心臓ではかわいそうだけれども長くは生きられ

そうにない。

« 眼の下が腫れて | トップページ | ネコのジアルジア症 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眼の下が腫れて | トップページ | ネコのジアルジア症 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ