« 眼のショボショボがすっきりしない犬 | トップページ | 手根関節挫傷のネコ »

2010年6月 5日 (土)

焼き鳥の魅力

 事件が起きたのは昨夜8時頃のことであった。

 

 焼き鳥を串についたままパクリと咥えたところを、飼い主があわてて取り上げよう

したために、途中からポキリと折れてしまい串とともにゴックンと飲みこんだ

しかと見届けた、との主訴であった。

残り、長さ約5-6センチはあったということである。

 まずエコーで確認すると、

016

胃内に粘膜よりまだ明るい輝度のそれらしい物体が見える。(左上)

続いて内視鏡にて回収を試みると、

Imgp0689

割り箸くらいにしっかりした串である。

噴門でつっかえ食道心基底部でひっかかったりと、てこずりながらもなんとか摘出

きた。

« 眼のショボショボがすっきりしない犬 | トップページ | 手根関節挫傷のネコ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眼のショボショボがすっきりしない犬 | トップページ | 手根関節挫傷のネコ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ