« 心臓がたいへんなことに | トップページ | 起立不能になった犬 »

2010年6月15日 (火)

ネコのジアルジア症

 2か月齢のネコが下痢をして時折り吐き気がある、との主訴で来院した。

便を鏡検してみてそこに見えたおぞましいものとは、

Imgp0009

三日月状の原虫が視野いっぱいにうごめいていた。

子犬ではよく見るジアルジア症もこんなにまで大量の虫を見ることはない。

聞きとりしていると、1週間前に畑で行方不明になって、数時間後に発見できた、

というのでその時に口にした汚染した水が原因かもしれないが、詳細は不明であ

る。

メトロニダゾールというヒトの抗トリコモナス剤で治療が可能な病気である。

« 心臓がたいへんなことに | トップページ | 起立不能になった犬 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心臓がたいへんなことに | トップページ | 起立不能になった犬 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ