« 脾臓の病気 | トップページ | 眼の下が腫れて »

2010年6月11日 (金)

乳がん部分摘出

 14歳のマルチーズが数年来の乳がんが急速に大きくなって、床につきそう、パ

ンクしそうで怖い、その部分だけでも取れないものかとの相談があった。

 

 年齢だけでなく、肥満度が高いなど問題を多く潜んでいそうな体のように感じる

が、手術によって飼い主さんのお気持ちまで含めたQOLの向上が必要であろう。

Imgp0765

手術前所見。よくぞここまで放置するものかと思うが、自分の入院もあって二の次

になってしまった、という飼い主さんの言葉を再び思い出す。

Imgp0767

電メスとレーザー手術で比較的容易にここまできて、第Ⅴ乳腺間の血管の処置を

慎重にして、皮下・皮膚縫合して手術終了となった。

術前の心電図所見は心不全を示していたが、ここまで麻酔下のバイタルは安定。

Imgp0761

バイクで羽を休めるバッタもいるものなんだ。

 

« 脾臓の病気 | トップページ | 眼の下が腫れて »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脾臓の病気 | トップページ | 眼の下が腫れて »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ