« 子宮蓄膿症の小型犬 | トップページ | American Heartworm Society のガイドライン »

2010年5月 1日 (土)

半椎体症

 7歳のフレンチブルが、3月からヨタヨタしているとのことで、全身の検査をするこ

とになった。

Imgtodo_70

心電図がかなり悪く出てくる。

Image10

右心の弁口部で逆流が見られた。

Imgp0665

右心拡大が著明で胸骨に心臓がぺったりとくっついている。

Imgp0662_2

 また、第8胸椎に変形があり、パグやフレンチブル、ボストンテリアに多い生まれ

つきの半椎体症である。正常よりはやはり弱いので、年齢に伴ってバックペインが

出てきているのかもしれない。

091010_003

本日は、屋根の下で仕事をしているのがもったいないくらいの、ここ最近みられな

かったような快晴である。 

« 子宮蓄膿症の小型犬 | トップページ | American Heartworm Society のガイドライン »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子宮蓄膿症の小型犬 | トップページ | American Heartworm Society のガイドライン »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ