« 難治性角膜潰瘍の症例 | トップページ | 角膜の再生医療 »

2010年5月 7日 (金)

重度椎間板ヘルニアの犬が好転の兆し

 PRPを脊髄腔内に注射した犬が、4週目に入って好転の兆しが見えてきた。

Imgp6428

 PRP注入後好転の兆しなく、むしろ後退しているかに見えたナナちゃんだが、

数日前より、5秒くらい自力起立可能となり、尻尾も自由に振っているときがある

と、飼い主さんからうれしい報告をいただいた。

あらぬ方向に開脚していた肢がそろって、介助するとしばらく立てるようになった。

膀胱麻痺も改善している。

今後ますます好転するよう期待したい。

« 難治性角膜潰瘍の症例 | トップページ | 角膜の再生医療 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 難治性角膜潰瘍の症例 | トップページ | 角膜の再生医療 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ